兵庫県の最新がん治療は、ほりいクリニックへ
HOME>クリニック紹介

クリニック紹介

治療方針



近年、がんに対する診断法および治療法の進歩にはめざましいものがあります。また、多くの研究により、がんの実態もかなり解明され、その成果はがんの予防、治療に使われています。
しかしながら、がんに罹患する人の数は増加を続けており、現在では2人に1人ががんを発症し、3人に1人ががんにより亡くなっています。
現在、大病院では標準治療とよばれてる手術療法、放射線療法そして、抗がん剤による化学療法が行われています。ある程度進行したがんに対して一般的には、これらのうち2つ以上の治療法が採用されていますが、治療後再発を確認される患者さんがあとをたちません。その後は有効な治療も少なく、いわゆるがん難民といわれる患者さんが多くおられます。
当クリニックでは、これらの患者さんの寛解、治療をめざして、超高濃度ビタミンC点滴療法、リンパ球による治療などをとり入れて治療を行っています。 また、がんの予防にも力を入れており、がんは遺伝子病であるという事実から、がんが発見される10年以上も前にそのリスクを知っておいて発症を予防しようという目的で血液による遺伝子検査も行っています。併せて、がんの予防、治療に有効なサプリメントや食事の指導もしています。



医院風景